ファクタリングは赤字経営でも利用のチャンスあり

subpage01

企業が外部から事業資金を調達するための手法としては、金融機関による融資がおなじみです。

お客様に相応しいファクタリングの補足説明を致します。

ただ、いわゆる銀行の窓口融資は、決算が赤字であったり担保となる資産を保有していなかったりすると審査に通らない可能性があるという課題を有しています。



そうした中、新たな資金調達の手段として注目を集めているのが、ファクタリングです。
担保も保証人も要らず、事業内容もそれほど大きな審査ポイントにならないとあって、中小企業を中心に人気を呼んでいます。ファクタリングは、売掛債権を利用した資金調達法です。具体的には、売上は発生しているものの代金がまだ入金されていない売掛金を回収する権利を第三者に譲渡し、その代金を受け取るというものです。

債権を金融商品化し、流通させるサービスの一種と言えますが、約束手形のように次から次へと人手に渡ったりすることはなく、ファクタリング会社という買取業者に売却した後は流動化しません。

銀行融資と同様、ファクタリングにも利用時に審査がありますが、そこでポイントはとなるのは債権がどの程度確実に回収できるかです。



したがって、売却する企業がたとえ赤字経営であったり、起業して間もないため事業が不安定であったりしても、売掛先の企業が安定していれば利用できるチャンスは大いに高まります。売却時には債権の券面額から手数料が差し引かれますが、融資ではないため翌月以降に利息を支払い続けたりする必要はありません。