ファクタリングで必要になる手数料は?

subpage01

金融機関からお金を借りると利率に応じた利息を支払うように、ファクタリングを利用した場合にも手数料が必要になります。

ファクタリングの手数料の相場感を知っておき、不必要な支払いをすることがないようにしましょう。

ファクタリングを利用する場合はすでにキャッシュフローが悪化していることが多いため、負担が大きければさらに厳しい状況に陥ってしまう危険性もあります。

ファクタリングの情報ならこちらで掲載されています。

契約で必要になるのは、契約書の印紙代、債権譲渡登記費用、司法書士への報酬、振込手数料、事務手続き費用や交通費などです。


これらに加えて業者の利益になる手数料が引かれます。


業者によって債権譲渡登記をしないままファクタリングを実行してくれる会社もあります。
登記費用は抑えられますが、その分リスクが高くなることで逆に高額な手数料になることもあるので注意が必要です。



日本中にファクタリング業者はありますので、買い取ってもらいたい債権の金額や手数料で検討することが可能ですが、特に地方の人は出張で業者の担当者が来てもらうことになると交通費が高くつくケースがあります。



なるべく近くの業者を利用したほうがコストの面では低く抑えらえられるため、特別な事情がない限り近場で探すのが良いです。


二社間で行うものよりも三社間で行う方が業者のリスクを抑えることができるため、手数料も低くなりやすいです。

ただし取引先にキャッシュフローが悪化していることがわかってしまいますし、承認してもらえない可能性もあるので、じっくり考えてから検討すると良いです。