ファクタリングに活路を見出す

subpage01

中小企業の経営者であれ個人事業主であっても、資金繰りに常に悩んでいます。
仕事は順調で新たな取引先は増えていきますが、それにつれて売掛金が発生してくるのです。

取引先との契約で締め日を設定して、期間内の取引を売掛金として管理するのが通常の取引です。

話題になっているファクタリングの喜びの声を頂いています。

ファクタリングは、この売掛金を譲渡して期日前に現金化することとなります。
企業の資金繰りを改善する効果があります。相手先の信用が重視されますから、債務が多くて融資が受けられない場合や個人事業主でまだ信用がない人でも利用することができます。ファクタリングは、審査が通れば即日でも現金を手にいれることができるのです。



しかも、売掛債権の譲渡になりますから、あまり取引実績のない相手との取引でもリスクを負う必要がありません。

新しく事業を拡張していくためには、できるだけ多くの資金をもっていることが必要です。


ファクタリングをうまく活用していけば、企業の財務状況は改善していくこととなります。

もちろん、期日までの手数料がとられることになるので、手数料を差し引いた金額しか手にいれることはできません。



手数料がどのくらいの負担になるのかを確認しておく必要があります。
売掛金の増加を防ぐ手段として利用できますが、日本の商慣習では売掛債権の譲渡をあらかじめ禁じている企業もあるのです。

中小企業庁などの官庁もファクタリングの推進で企業取引を見直すことの啓蒙活動をしています。

個人事業主などファクタリングを活用して仕事の内容を改善していくことが可能です。