ファクタリングは安全な資金調達方法

subpage01

ファクタリングは違法性があると認識する人がいますが、法律の観点から問題はありません。


違法性があると解釈する人がいるのは、違法性のある会社が存在するためです。

これは融資サービスに関しても言えることで、どのような業界にも悪質な会社は存在します。

今までになかったファクタリングに関する情報を公開中です。

債権の電子化がファクタリングサービスを普及させたと言われています。
日本ではなじみの少ないサービスでしたが、インターネットの普及により少しずつ浸透してきました。



欧米では資金調達の方法として、融資と同様にポピュラーなサービスです。

融資は必要なときに必要額を受けるのが理想ですが、実際は受けられないケースが多いです。
そんなときの飛び道具となるのがファクタリングになります。


一般的にファクタリングと呼ばれるサービスは、債権買取タイプを指しています。



債権である売掛金を売却・譲渡する方法になり、スピード調達が実現するのです。
例えば売掛金の入金が2か月先という状況でファクタリングを活用すれば、数日で現金の調達が可能になります。ただし所定の手数料が生じますので、本当に利用するべき状況か精査する必要があります。
サービス利用においての注意点は、債権譲渡登記を求められるケースがあることです。

それにより登記情報の調査が誰でも行えるようになるわけです。


売掛金を売却した事実を知られる可能性は低いですが、皆無というわけではありません。
それでも信用情報に関係なく資金を調達できるので、ローンを利用できない中小企業にとっては最善の資金調達方法になることが多いです。